“デジタルトランスフォーメーション”をリードする「EPAM Systems」、Daijobのメディア力に期待!

IMG_6978_HRC_3
2018.12.21


EPAM Systems Japan 合同会社(EPAM Systems Japan G.K.)

    Country Head, Japan:高橋 宏(写真:左側)

社名 EPAM Systems Japan 合同会社(EPAM Systems Japan G.K.)
所在地 〒105-0012 東京都港区大門1-10-11 芝大門センタービル10F
業種 システムインテグレーター
エリア 日本
企業紹介 EPAM Systems, Inc.は1993年にアメリカで設立された、ソフトウェア製品開発のリーダー企業。ソフトウェアエンジニアリングとITコンサルティングサービスのグローバルプロバイダーだ。世界25カ国以上で展開しており、Forbs誌では2013年にアメリカで最も急成長した技術企業25社の第6位、2014年にアメリカで最も優れた小規模企業の第3位に選ばれている。2018年には、31期(四半期)連続で20%以上の成長率を達成した。ニューヨーク証券取引所上場企業であり、国際標準の品質を保ちながら顧客にソリューションを提供し続けており、2018年に日本支社が設立された。現在では特にデジタルトランスフォーメーションの分野で急成長している。
採用職種 サポートエンジニア
ご利用いただいたサービス Daijob.com、テクニカルサポート

デジタル技術の発達により交通機関の利用方法や情報伝達の手段など、私たちの暮らしは大きく変化してきている。しかしグローバルな視点から見ると、日本には人々のニーズを満たすようなITシステムを参入させるビジネスチャンスがまだまだ広がっている。EPAM Systems Japan合同会社も、日本での可能性を感じて日本進出を果たした企業の1つだ。同社で日本のカントリーマネージャーを務める高橋宏氏に、海外と日本を比較したデジタルサービスの浸透度の違いから、Daijobが持つ新しい可能性に至るまで話を聞かせていただいた。

日本の日常をデジタル化でスムーズに

横川友樹(以下敬称略):「御社は本社アメリカを中心に海外で広く知られている企業ですが、2018年に日本進出に至った背景や目的を教えてください」

高橋宏(以下敬称略):「一番の大きなきっかけは、ある大きなクライアントさんのプロジェクトを日本で支援するためです。その後も日本で“デジタルトランスフォーメーション”のプロジェクトに貢献していくために、事業を進めています」

横川:「“デジタルトランスフォーメーション”とは、具体的にどういったものなのでしょうか?」

高橋:「中国での例を取り上げると、都心部を中心にEV(電気自動車)タイプのタクシーが普及していて、運転手が行き先を音声認識させると半自動運転で目的地までたどりつけます。それに、日本でも浸透しているアプリ『LINE』のように使える『WeChat』の利用頻度が高く、アプリ1つで銀行への送金や様々な店舗でキャッシュレスの支払いができます。その行動履歴を元に、AIが個人のニーズに合わせたキャンペーンを表示させたりもできます。日本では日常生活の出来事をデジタル化させて、人・モノ・コトを繋げていく、こういったサービスはまだまだ浸透していません。世界のIT先進国と比べると、日本はデジタル分野で5、6年は遅れていると言われています」

横川:「デジタルマーケティングの分野は、私たちが扱っている求人案件も非常に多いのですが、WEBマーケティングとは異なり、人材の数そのものが少ないので採用は難しい状況です。御社はクライアントから、どんな役割を依頼されることが多いのですか?」

高橋:「企画段階から入ってコンサルタントとしての役割を担うことが多いです。クライアントがどんなビジネスを展開したいのかというところから話し合いを始め、そのためにはどんなシステムが必要なのか必要ないのか、システムの分析から開発、運用に至るまでのソリューションを提供しています。“End to End”と呼ばれているビジネスですね」

横川:「技術的なことだけではなく、サービス全体の知見が必要そうですよね。高橋さん自身がEPAMに入社したいと思った理由も教えてください」

高橋:「デジタル分野の別プロジェクトで一緒に仕事をしていた方が、アメリカのEPAMに転職して楽しそうに従事されていました。その方からカントリーマネージャーの話をいただいたことが、きっかけになりました。その方は『この人みたいになりたい』と思うほど仕事ができる方でしたし、当時の私が次の仕事条件に考えていた“デジタル分野” “エグゼクティブのポジション” “年収アップ”という3つの条件も満たしていました。EPAMにいたらおもしろそう、カッコ良さそうだなと素直に思えたことも大きいですね」

横川:「日頃から次のキャリアやビジネスのことを考えていたからこそ、良い機会に恵まれたのですね」

売り手市場のIT人材を獲得するには?

横川:「御社の日本進出に当たり、Daijobを選んでいただいた理由は何だったのでしょうか?」

高橋:「自分が転職活動をする際に利用したサイトを使うことも考えましたが、知人からの推薦があり、今回はDaijobさんのみ利用させていただきました」

横川:「ありがとうございます。人材採用では、どんなことをポイントにしていましたか?」

高橋:「デジタル関連の業務はだいたい海外に関係してくるので、必然的にバイリンガル人材が求められます。こういった人材を探すには“ジョブ・エージェント” “自分のネットワーク” “ジョブ・ボード”の3つしか方法がないと思います。エージェントは採用が決まった場合のコミッション料のコストがありますし、自分のネットワークにも限りがあるので、Daijobさんのように大量にバイリンガル人材が登録されていて採用のサポートをいただけたのは、すごく助かりました」

横川:「ありがとうございます。今回、約50名の募集をかけていらっしゃりましたが、採用後の社員育成や定着率の点で、工夫していることは何でしょうか?」

高橋:「成果を上げたメンバーをパーティーで表彰したりしていますし、年末に行うパーティーにはアメリカやAPACの重役も招き、スタッフ同士の絆作りもしています。社内のメンバー1人1人とコネクトしていくことを大切にしていますね。本人の価値基準がどこにあるのか、例えばキャリアアップして年収を上げたいのか、今の仕事をステップアップの1つとして見なしているのか、アニメ好きが高じて日本で暮らしたいと思っているのかなど、本人が大事にしていることを認めて応援してあげることが良いチーム作りに繋がると思っています」

横川:「各個人が人生の中で大切にしていることを、会社の仕事を通して実現できたらベストですよね。そういったパーソナルなことを、どうやって探ってらっしゃいますか?」

高橋:「やはり対話ですね。会社のメンバーはグローバルで3万人いますが、基本的にはスタートアップ的な文化を大事にしています。役職が上でも、話しにくい雰囲気は全然出していないので、私もグローバルの副社長に電話やメールが気軽にできる関係です。私もメンバーとご飯に行ったり、趣味の話をしたりしながら、悩みごとがあればすぐに話しかけてもらえるような雰囲気作りを心がけています」

横川:「普段からの関係作りが、いざというときに生きていきますよね」

Daijobのさらなる活用法に可能性あり!?

横川:「弊社の営業やテクニカルサポート(TS)の対応は、いかがでしたか?」

高橋:「営業の方が最初に持って来てくださった資料は料金表もわかりやすく、とても良かったと思います。ただ“テクニカルサポート”というポジション名からサービス内容のイメージがわきにくかったので、それが明確であれば、ほぼ完璧でした。また求人掲載後、最初はTSの方がブックマークをつけてくださる候補者が狙いと少しずれていたのですが、電話でお伝えすると2週間程で一気に良くなりました。そこからはTSの方を信頼して、お任せしていました」

横川:「TSは単純なオペレーターではなく、“カスタマーサクセス”というポジションなのです」

高橋:「もう少し追加料金をお支払いしてでも、営業とTSの方にもっと訪問いただいて採用状況のフィードバックをいただけるサービスがあるといいと思いました。TSのコンサル能力の高さがあったからこそ、こちらも反応できたというのが大きかったんです」

横川:「ありがとうございます。さらにDaijobに期待することはございますか?」

高橋:「長期のパートナーとして考えられるような仕組みがあるといいと思いました。必ずしも採用のプロではない者が採用を担当することもありますし、他の業界での人材の動きはどうなっているのか、勉強会を開いていただけたら私は参加したいですね」

横川:「御社のように本国や日本以外の国で広く知られていて、これから日本で事業を発展させていこうとする企業さんと繋がりができるような会はDaijobだからこそできるネットワークの築き方なのかもしれないですね」

高橋:「それに、当社は常に大量の採用を行っているわけではないので、求人掲載でなくとも企業紹介の記事掲載をしていただけるサービスプランがほしいですね。会社を知ってもらいたい方たちがピンポイントにそろっているプラットフォームなので、ぜひメディアとしてもっと活用したいです。マーケティングの手法として、ポジションがオープンになる前から会社の認知度を上げておきたいです」

横川:「ターゲットが絞れているので、効率よく知名度を上げられますよね。この度は弊社をご利用いただいて、さらに新しいアイディアもたくさんいただき、ありがとうございました。お客様の使い勝手がよくなるように、弊社でも検討していきたいと思います」

■ご利用いただいたサービスは・・・
 

Daijob.com
言語を活かし、グローバルに活躍したいバイリンガル人材専門の転職サイト「Daijob.com」を利用した求人広告掲載型の人材採用

採用に関するお問い合せは、お気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

[インタビュアー]
ダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社 営業本部統括部長 横川 友樹