人材採用の全過程(End to End)を自動化したプラットフォーム

1419_000
2016.03.18

前回と同様、今回、紹介するのも人材採用にアルゴリズムを用いたスタートアップ企業だが、同社は人材募集だけでなく、人材採用の全過程を自動化し、SaaS(Software as a Service)を提供している。

■ Gild

URL http://www.gild.com
企業名 Gild Inc.
本社所在地 サンフランシスコ
ミラノにも拠点。ソフト開発の50%はミラノで。
創業 2011年
代表 Sheeroy Desai (CEO兼共同創業者)
Luca Bonmassar(CTO兼共同創業者)
フェイスブック https://www.facebook.com/Gild
ツイッター https://twitter.com/gild
顧客数 ファイスブックやマイクロソフトなど 1,200社以上(2015年時点)
資金調達 VCより計 2,600万ドル以上

 

 
■ 創業経緯
ITサービス企業出身の共同創業者2人は、元々、ソフトエンジニア向けコーディングサイトを立ち上げたが、雇用者向けにソフトエンジニアのプロフィールを提供することに専念。
元々、ソフトエンジニアの検索エンジンを開発。その後、機能を追加。
また、ソフトエンジニア以外の職種にも拡大。
2015年、BI機能を加え、人材採用全過程を自動化。
 

■ 仕組み
人材採用の全過程を自動化


人材採用の全過程を自動化

○ 求人広告
自動的に、適材をひきつけるのに最適のジョブタイトルや求人広告を作成し、複数のジョブボードに掲載。

○ 人材スカウト
人材推薦エンジンが、自動的にリンクトインなどのSNSやGitHub などのIT技術者コミュニティ、80サイトからユーザーのプロフィール情報を収集し、人材候補のプロフィールを作成。(「その人材はギルドされた(gilded)」という。)
たとえば、人材候補が複数のツイッターアカウントを所有していた場合、複数のアカウントからその候補のプロフィールに情報がとりまとめられる。
さらに、同社の特許取得技術を用いて、候補の知識・スキルや転職市場の需要をスコア化。
各人材候補と関係を築くCRM的機能も提供しており、どの人材が転職に興味があるか、いつ連絡すべきかなども提示する。また、Gildから人材候補のメルアドにメールを送ることができる。※1

※1:眠っている人材発掘にリンクトインを使う転職エージェントが増え、定型メッセージを大量に配布するエージェントもおり、リンクトインのメッセージ(in message)は無視する人材も増えている。なお、つい昨年ほどまでは「人材採用といえばリンクトイン」だったのが、リンクトインはすでに”古い技術”と見なされ、(主に海外市場の低迷が原因で)株価も暴落している。

○ 人材候補管理(ATS)
人材候補の情報は自動的に更新。(既存のATSの人材データは、通常、入力時のままで自動的には更新されない。)採用チーム全体と情報共有し、プラットフォーム上での協働が可能。

○ 面接スケジュール、オンライン面接機能
人材候補の面接を自動的にスケジュールし、ビルトインのオンラインビデオシステムを使って面接を行える。ビデオシステムはどのブラウザーでも利用可能で、人材候補はソフトをダウンロードする必要はない。

○ 共同フォローアップ
統合されたメッセージングシステムで、採用チームはコメントやアラート、メールを使って連絡を取り合える。
人材候補に関する評価は、他のメンバーの意見に左右されないよう、採用チームメンバー同士の評価は見えないようになっており、採用決定者は各メンバーの率直な意見を入手できる。

○ 分析・レポート作成(BI)
分析機能によって、人材をスカウトするための最適のソースを見極められ、カスタマイズレポートを作成し、データを基に採用戦略の調整が可能。各ポジションに対するROI(投資対効果)も可視化できる。
 

■ 機能一部紹介

[「ギルドされた」人材のプロフィール ]

・ 知識・スキル(Expertise)や転職市場での需要(Demand)、転職意欲(Availability)をスコアで表示。
・ 人材候補の情報が収集されたソース(ソーシャルサイトなど)を表示。
・ 質問への回答やブログなどを通じ、人材候補がネット上で寄与したトピックをキーワード表示。


人材のプロフィール(画像はすべてgild.comより)

[ 転職意欲 ]

Active = 転職活動中
転職活動の時期、勧誘のための連絡最適時期を表示。

転職意欲

[ 採用チームメンバーの評価 ]
採用チームメンバーの評価

[ チャット機能付きビデオ面接機能 ]
ビデオ面接

掲載内容は、作者からの提供であり、当社にて情報の信頼性および正確性は保証いたしません。

有元 美津世プロフィール
大学卒業後、外資系企業勤務を経て渡米。MBA取得後、16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。 社員採用の経験を基に経営者、採用者の視点で就活アドバイス。現在は投資家として、投資家希望者のメンタリングを通じ、資産形成、人生設計を視野に入れたキャリアアドバイスも提供。在米27年。 著書に『英文履歴書の書き方Ver.3.0』『面接の英語』など多数。