在留審査厳格化の傾向

在留資格_審査厳格化の傾向

 前回は、2019年4月1日に出入国在留管理庁が新設され、各(前)入国管理局の直上級行政庁となった点に関して取り上げました。出入国在留管理庁の新設後4ヶ月が経った今、在留審査においては審査厳格化の傾向が見られており、今回は在留資格“技術・人文知識・国際業務”を取り上げ、その内容について以下ご紹介いたします。

 “技術・人文知識・国際業務”は、日本で就労するために取得する在留資格としてはとてもポピュラーな在留資格であり、申請人は、原則、下記①学歴要件、又は②実務経験要件のいずれかを満たすことが求められます。今回は、下記要件aを基準に申請を行うケースに関して取り上げます。(その他申請要件等に関しては今回省略します)

① 学歴要件(a又はbいずれかに適合することを要する)
a 従事しようとする業務に必要な技術若しくは知識に関連する科目を専攻して大学を卒業し,
又はこれと同等以上の教育を受けたこと。
b 従事しようとする業務に必要な技術又は知識に関連する科目を専攻して本邦の専修学校の
専門課程を修了したこと
② 実務経験要件
従事しようとする業務の関連分野において、10年以上の実務経験を有すること

続きを読むには、「続きを読む」ボタンを押して
メールアドレスを登録してください。


続きを読む

※メールアドレスをご登録いただくと、ヒューマングローバルタレント株式会社が
主催するイベント情報・お役立ち情報などをお送りいたします。


掲載内容は、作者からの提供であり、当社にて情報の信頼性および正確性は保証いたしません。

ACROSEEDグループプロフィール
日本における外国人の法務サービスに特化したコンサルタント会社です。1986年の行政書士事務所の開業以来、外国会社の日本進出支援、外国人のビザ申請、外国人雇用のコンサルティングなどを25年以上にわたり専門に扱ってまいりました。[http://www.acroseed.co.jp/]  ・メール:contact@acroseed.co.jp ・電話番号:03-6905-6370