事務職でのバイリンガルニーズ増加、初の2.00倍越え

jobpostings

2016年1月 グローバル転職求人倍率1.35倍

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:篠原 裕二)は、2016年1月末時点のグローバル転職求人倍率※をまとめました。

※グローバル転職求人倍率:2ヵ国語以上の言語において、ビジネスレベル以上のスキルを条件とする求人と、そのスキルを持つ転職希望者の需給バランスを算出したもの <転職求人倍率=求人数÷転職希望者数>

 
◆職種別グローバル転職求人倍率
2016年1月度職種別グローバル転職求人倍率
 グローバル転職求人倍率を職種別に見てみると、トップは「メディカル/医薬/バイオ/素材/食品技術系」、前月比0.38ポイント減で、6.13倍となりました。次いで、「総務/人事/法務」が前月比0.88ポイント減の4.29倍、「建築/土木/設備/不動産技術系」が前月比2.50ポイント増の3.50倍となりました。
 求人倍率が2ヵ月連続で6.00倍以上となった「メディカル/医薬/バイオ/素材/食品技術系」は、「製品開発、品質管理/保証」の採用ニーズが旺盛で、求人数は前月比1.8倍増加しました。「総務/人事/法務」については9ヵ月連続、「建築/土木/設備/不動産技術系」については2015年1月以来1年ぶりのTOP3入りとなりました。
 また、「事務系」は、2014年8月以来1年5ヵ月ぶりに2.00倍を超えました。特に「営業事務/アシスタント/一般事務/受付」の新規求人数は、機械、部品、自動車メーカーや化粧品、食品メーカーからのニーズが増え、過去最高となりました。

 
◆業種別グローバル転職求人倍率
2016年1月度業種別グローバル転職求人倍率
 グローバル転職求人倍率を業種別に見てみると、「電気・ガス・熱供給・水道業」が前月比7.25ポイント増の8.00倍でトップ、次いで「製造業」が前月比0.42ポイント減の2.67倍、「農林水産・鉱業」が前月比0.29ポイント増の2.46倍となりました。
 8.00倍と高倍率だった「電気・ガス・熱供給・水道業」は、マーケティング職やQA、プロジェクトマネージャーなどの職種が増加し、6ヵ月ぶりのTOP3入りとなりました。「製造業」は7ヵ月連続、「農林水産・鉱業」についても、石油・化学メーカーにおいて求人数が前月比2倍以上増加し、5カ月連続TOP3入りしています。

○ 詳しいレポートはコチラ → 2016年1月度グローバル転職求人倍率