We solely focus on IT professionals. That is our main differentiator.

skill001
2016.10.18


スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社 / Skillhouse Staffing Solutions K.K.
代表取締役社長 マーク スミス 様(写真:右)/ President: Mark Smith

社名/Company Name スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社
Skillhouse Staffing Solutions K.K.
所在地/Location 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-8-27 巴町アネックス2号館
Tomoecho Annex No. 2 Building 3-8-27 Toranomon Minato-ku, Tokyo 105-0001
業種/Industry Type 紹介・人材派遣業 /Consulting, Outsourcing
エリア/Area 東京都 /Tokyo, 83 Bases Nationally.
企業紹介
Company Information
ITプロフェッショナルに特化した人材派遣・紹介サービスを提供。
Skillhouse dispatches IT professionals to work on projects and within client organizations.
採用職種
Recruiting Occupation
IT技術者
IT proffessionals
ご利用いただいたサービス /Service Used
 ・Daijob.com : ポスティング + スカウト / Job Posting, and the scouting system (Technical Support Included).
 ・Daijob Go Global Career Fair / Daijob Go Global Career Fair.

Scroll down for English

雇用形態に関係なくIT技術者の派遣に特化

篠原:貴社の事業内容、従業員数、売上(派遣、TTP、紹介)についてお聞かせください。

スミス様:スキルハウスは今年、設立12年になります。全ての業界・市場に対し派遣社員、契約社員、正社員、業務委託におけるIT人材を提供しておりますが、弊社はITプロフェッショナルの紹介・派遣サービスに特化しております。現在200名を超えるスタッフがおり、毎年成長しています。

私達のビジョンは、企業がIT人材を必要としている時に真っ先に思い浮かび、連絡を取るのはスキルハウスという企業ブランドを確立することです。そして同時に、ITプロフェッショナルの方々が次のステップや新しいチャンスを探すときに思い浮かべ、登録するのはスキルハウスというブランドを確立することも重要です。

IT業界でのスキルハウスの強み

篠原:他の紹介派遣会社と比較した時の貴社のサービスの優位性をお聞かせください。

スミス様:いくつかの差別化ポイントがあります。一番の違いは、弊社がアプリケーション開発、デスクトップ、ネットワーク分野、及びプロジェクトやITマネージメントの主要ITスキルを持つITプロフェッショナルをマーケットに提供することに特化している点です。私達は1月に300名を超えるIT分野の求職者からの問い合わせがあり、400を超える企業にIT人材サービスのみを提供しています。そして全社員がこのIT分野に注力しています。
2つ目は、登録している日本人ITプロフェッショナルの約50%がビジネスレベルの英語力があり、50%以上の外国人ITプロフェッショナルはビジネスレベルの日本語力を持つ点です。
3つ目は、登録している求職者の多くは、証券、銀行、保険、リテール、サービスや製薬などの業界経験を持つという点です。
このような点から、もしクライアントがバイリンガル且つ特定の業界の経験を持つITプロフェッショナルを探している場合でも、私たちはクライアントと求職者双方のニーズを満たすベストなサービスを提供することができます。
注目すべき点は、私達は求職者を重視しており、何よりも優先しているということです。過去30年ほどIT市場は求職者主導であり、私達は彼らに最も適した就業チャンスを提供することを基本方針としています。

日本との最初の出会いは、両親が始めたホームステイプログラム

篠原:ご経歴についてお聞かせください。日本にはいつ頃から興味を持たれたのですか?

スミス様:私の両親には2人の息子がいますが、彼らはずっと娘が欲しいと思っていました。私が大学生の時に、彼らは喪失感のようなものを感じ、それを埋めるため交換留学生の受け入れを始めました。最初のホームステイの留学生は日本からで、彼女は私達の家に1年間滞在しました。夏休みに帰省した時に彼女と一緒に過ごしたのが、日本との最初の接点だったと思います。

正直に言うと、私が日本に来たのは偶然、それもとてもラッキーな偶然でした。90年代始め、私はまだキャリアをスタートして日が浅く、アメリカを拠点とするITスタッフィングサービスの会社に勤めていました。ある時、私達の主要クライアントが、アメリカで提供するITスタッフィングのサポートサービスと同じサービスを日本でも提供することを依頼してきました。(その時日本はAPACのヘッドでした)私達の会社の代表はアメリカ外への進出を望んではいなかったのですが、クライアントからの強い要望で日本に支店を設立することにしました。誰も行きたがらなかったのと、私が既に十分にセールスに貢献したこと、恐らく唯一手を挙げたということもあり、とても若かったのですが日本支社立ち上げのチャンスを与えられました。

篠原:どんな会社だったのですか?

スミス様:ニューヨークに本社を置く、ITスタッフィングとアウトソースサービスを提供する企業でした。

篠原:スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社設立のきっかけをお聞かせください。

スミス様:私が自分の会社を立ち上げたいと思ったとき、私は既にアメリカと日本で12年以上営業とマネージメント職での、ITスタッフィングとアウトソースサービスの浮き沈みを経験していました。それなりに成功し裁量権もあって、とても“居心地”は良かったのですが、自身の戦略を作り、最終決定権を持ち、思う通りにビジネスを動かせたら、もっと成功できると自信を持っていました。そして、私の 1.求職者のために尽力し 2.クライアントの期待値を超え 3.社員にとってユニークで楽しい職場環境の会社を立ち上げ。そのような思いから、スキルハウスは生まれました。

IT人材不足を解決するには、IT技術者の採用か、オフショアや外注か、業務の削減を通じて生産性、効率UP

篠原:今後の日本の転職市場を予測した時の貴社の方向性をお聞かせください。IT人材不足が課題となっており、2020年にはIT人材が約37万人が不足すると言われています。

スミス様:私には、どのよう方法でこのようなデータを算出したかと、2020年に37万人の不足になるかどうかは分かりません。ですが、現在IT人材が不足しているということは確実に言えます。過去何十年、ずっと不足の状態が続いていると言えるでしょう。
ITプロフェッショナルの人材不足を解決する方法は2つあります。1つは、情報工学を専攻する学生を増やし、より多くの供給を作り出す努力をすることです。このソリューションのアイデアがいくつかありますが、次のインタビューの為に取っておきましょう。2つ目は、労働力を外国籍のITプロフェッショナルで補完することです。過去20年の間に、この手段を取ってきた企業はたくさんありましたし、これからもっと柔軟に海外のリソースを活用することになるでしょう。
過去15年のデータを見ると、多くの企業でデータセンター管理やヘルプデスクサービス、開発等をオフショアしています。これらはIT人材の不足だけでなく、日本での採用、維持管理が高騰しているという背景もあります。

篠原:AIやセキュリティに関連したIT技術者についてはどうですか?
将来的にはそういった分野も視野にいれていますか?

スミス様:ITセキュリティについては、既に力を入れています。昔はITセキュリティというと、小さな部門でとても特殊な分野でした。現在、ITセキュリティは開発チームやプロジェクト管理チーム、ヘルプデスクチーム、コーポレートガバナンス等の一部になっています。ITセキュリティの統合は、ほぼ全てのビジネスプロセスやサービスに組み込まれており、会社組織の様々な部門に影響を与えています。
AIについては、現在このタイプのITプロフェッショナルの市場規模はITセキュリティほど大きくないと考えています。IBMのWatsonを始め、他の多くのベンダーが商業目的のより進化したAIを開発するまでは、短期的には転職市場としては小規模に留まるでしょう。長期的に見ると、現在のITセキュリティの様に、様々な部門に統合されていき、市場規模も大きくなると考えます。

最後に

篠原:Daijob.comを長期でご利用いただいておりますが、貴社のビジネスにどれぐらい貢献できていますでしょうか?

スミス様:ITスタッフィングサービスにおける継続的な事実として、常に市場のニーズがあるということがあります。企業として成功する差別化のポイントは、この価値あるリソースを引き付け、採用し、留める能力にあります。様々なツールや手段、戦略を駆使してこの業務に注力することが、成功の鍵となります。Daijobは私達が12年間頼りにしてきたツールの1つであり、これからもDaijobからのサポートとサービスは様々なゴールを達成する上でなくてはならない存在です。

 

We solely focus on IT professionals. That is our main differentiator.

Specialized in dispaching IT engineers regardless of the type of employment

Mr. Shinohara:Would you mind providing us the following information? Your business, number of employees, and your revenue?

Mr. Smith:Skillhouse is celebrating our 12 anniversary this year. We are a specialized IT staffing and services company providing all industries and markets with temporary, contract, permanent placement and outsourcing service focused solely on providing IT Professional staffing services. We currently employ over 200 staff and continue to grow each year.

Our vision is to build a company and brand whereby companies that need IT staffing services automatically think of and contact Skillhouse. Equally important, to build a company and brand whereby IT Professionals looking for new opportunities think of and register with Skillhouse.

Strength of Skillhouse in the IT industry

Mr. Shinohara:What differentiates Skillhouse from other staffing companies?

Mr. Smith:There are several differentiators. The primary distinction is that we only focus on providing the market with IT professionals with core IT skills within application development, desktop and network engineering and project and IT management. We attract over 300 IT applicants each month and are currently working with over 400 clients providing only IT staffing services. The entire company focuses on this core activity.
Secondly, almost 50% of our Japanese IT professionals speak advanced English and just over 50% of our non-Japanese IT professionals speak advanced Japanese.

Third, we have a majority of our IT candidates coming from the securities, banking, insurance, retail, services and pharma industries.
As a result, if a client is looking for an IT professional, with bilingual capabilities and with experience in a specific industry, we can provide the best available IT professionals to meet client and candidate needs.
It should be noted that our primary focus is on candidates and they come first. For most of the past three decades, it’s been a candidate driven market for IT professionals and our core objective is to secure the right career opportunity for them.

First encounter with Japan through a homestay program

Mr. Shinohara:Would you mind sharing us your career? When did you become interested in Japan?

Mr. Smith:My parents had two sons, and they always wanted a daughter. When I was in college, they had emptiness syndrome. In order to fill that void, my parents started inviting exchange students for homestay. Our first homestay student was from Japan, and she stayed in our house for one year. During summer vacation, I came home and stayed together. That probably was the first exposure I had to Japan.
To be honest, how I got here was by chance, but a lucky chance. I was very young in my career and working for a US based specialty IT staffing Services Company in the early 90s. The largest client of our company required the same IT staffing support services we were delivering in the US to be provided to their Japan operations (which was the head of Asia/Pacific at the time). Our company president did not want to expand out of the US, but when our client applied pressure, we established a branch office here. No one wanted to go and as I had a lot of sales success on the account and perhaps more so for being the only one raising my hand, was given the opportunity to establish the Japanese Branch at a very young age.

Mr. Shinohara:What kind of company?

Mr. Smith:A specialty IT Staffing and IT Outsourcing Services Firm headquartered in New York.

Mr. Shinohara:What is the story behind the establishment of Skillhouse Staffing Solutions K.K.?

Mr. Smith:At the time of me wanting to establish my own firm, I had already enjoyed the ups and downs of specialty IT staffing and outsourcing services for 12+ years in sales and management and in the US and Japan. Although I was successful, had a lot of control and was “comfortable,” I knew that if I was able to make my own strategies, have the final say and manage the business the- way I wanted, I could be much more successful. I wanted start and build a company that was 1. Dedicated to Candidates; 2. Exceed Client expectations and; 3. Create a working environment unique and enjoyable for employees. Thus Skillhouse was born.

The solution to the shortage of IT professionals will be more hiring, outsourcing, and improving productivity and efficiency

Mr. Shinohara:Currently in Japan, the lack of IT professionals is a concern. In 2020, it is said there will be a lack of 370,000 professionals. What is the future direction of Skillhouse?

Mr. Smith:I don’t know how the calculation is done or the fact that there is going to be a shortage of 370,000 in 2020. I do know, however, that there is a shortage now. This has been the case for the past decade plus.
There are two ways to solve the IT Professional shortage problem. First, there needs to be a much stronger effort in creating greater supply whereby more and more University students major in Computer Science. I have several ideas on how this can be accomplished, but will save that for perhaps another interview discussion. Second is to supplement the current workforce with non-Japanese IT professionals. We have seen many companies over the past 20 years take advantage of this and many, many more are going to have to be flexible enough take advantage of the tremendous resource pool outside of Japan.
By looking into the data of the last 15 years, a lot of data center management and general helpdesk services, development, etc. have been offshored by many companies. This is due, in-part, to an IT Professional shortage, but primarily because it’s too expensive to employ, maintain and manage these activities in Japan.

Mr. Shinohara:What do you think about IT engineers in the field of AI and security? In the near future, are you thinking of focusing on those fields as well?

Mr. Smith:IT security, definitely! The reason is, in the past IT security had its own little department and specialty. Now, IT security is a part of development teams, project management teams, help desk teams, and corporate governance. Therefore I think the integration of IT security now is embedded in almost every business process or service and affects all departments within an organization.
As far as AI, there is not a current market need on a large scale for this type of IT professional. Until such vendors, such as IBM’s Watson and others make more and more progress to make AI a commercial business need, it will remain a niche for the short term. Long term, AI will be equally integrated into all departments just as IT security is now.

Lastly…

Mr. Shinohara:You have been using our website “Daijob.com’ for a long time, how is the contribution for your business?

Mr. Smith:The one consistent fact about IT staffing services is that there will always be a market need for this service. The one differentiator that makes a company successful is their ability to attract, employ and retain these valuable resources. By utilizing many deferent tools, tactics and strategies to focus on this activity is key to success. Daijob is one of the tools we have relied on for 12 years and will continue to do so as we are able to accomplish many of our recruitment goals with the support and service from Daijob!

 

■ご利用いただいたサービスは・・・

Daijob.com
言語を活かし、グローバルに活躍したいバイリンガル人材専門の転職サイト「Daijob.com」を利用した求人広告掲載型の人材採用
 
Career Fair
Daijobが主催する、グローバル転職イベント「Daijob Go Global Career Fair」に
出展し直接多くの求職者へアプローチ

採用に関するお問い合せは、お気軽にご相談ください。


採用のご相談・お問い合わせはこちら

[インタビュアー]
ダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社 代表取締役社長 篠原 裕二