厚生労働省が発表、6月の有効求人倍率は前月比で1.13倍。ただし求職者数は減少

2021.08.03

厚生労働省が令和3年(2021年)6月の一般職業紹介状況を発表しました。

6月の有効求人倍率は1.11倍で前月から0.04ポイント上昇しました。新規求人倍率は2.08倍となり、前月を0.01ポイント下回りました。6月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.0%減となり、有効求職者(同)は3.6%減となったため、有効求人倍率が上昇しました。

詳細は、以下「こちらをご覧ください」へ続きます。

出典:厚生労働省(7/30掲載より転載)

詳しくは“こちらをご覧ください”