海外レポート

海外からのレポートを紹介します

韓国国旗

【海外の就活・転職事情】韓国人の就活・転職観を見てみる

2019.12.04

日本における韓国人就労者 下記のグラフに見るように、日本で就労する韓国人(在日韓国人を除く)は、2018年10月時点で外国人就労者全体の4%(万人)と割合的には非常に少ない。(※1)しかし、その数は、毎年、増えており、昨 […]

ベトナム国旗

【海外の就活・転職事情】ベトナム人の就活・転職観を見てみる

2019.11.07

日本におけるベトナム人就労者  日本で就労するベトナム人は、2018年10月時点で31万人を超えており、中国人(39万人弱)に迫る勢いで、外国人就労者全体の21%を占めている(※1)  両国の人口を考えると(14億人弱対 […]

海外就活・転職を見てみる -【中国人の就活・転職観】

【海外の就活・転職事情】中国人の就活・転職観を見てみる

2019.10.03

日本における中国人就労者  日本で就労する外国人就労者は、2018年10月時点で146万人を超え、過去最高に達したが、国籍別では39万人近い中国が最も多く、外国人就労者数全体の26.6%を占めている。※1 国籍別外国人就 […]

アメリカ人の転職・就活観

【海外の就活・転職事情】アメリカ人の就活・転職観を見てみる

2019.09.13

就活事情 新卒採用  新卒一括採用というのは日本独特と言われるが、アメリカにも新卒採用というのはある。たとえば、投資銀行やコンサルティング、監査法人などでは、日本企業のように、毎年、新卒を雇って、新卒向け研修を行っている […]

外国人の採用市場を読む

外国人の採用市場を読む 先進国の外国人材を雇用する上での留意点

2019.08.23

 日本で就労する外国人就労者は、昨年10月時点で146万人を超え、過去最高に達した。就労者の7割以上がアジアの国々からで、G7およびオーストラリアとニュージーランドからの就労者は5%(約7万7000人)に過ぎない。※1 […]

201906サムネイル

イギリス発AI利用のIT技術者採用プラットフォーム

2019.07.12

 前回に続き、ヨーロッパ発のAI利用をしたIT人材に特化した採用プラットフォームを紹介する。  日本でも、技術者に対しオンライン技術テストを課す企業は増えているが、同プラットフォームでは、書類選考はなしで、テスト結果(ま […]

AI自動サムネイル

オランダ発AIベースの自動人材選考プラットフォーム

2019.06.21

 履歴書は、もはや応募者が、その職に適任かを測る手段として有効ではないという認識が広がっており、AIを使い、ビッグデータに基づいた客観的な採用過程を可能にするプラットフォームが各国で登場している。  今回は、履歴書の代わ […]

Branch サムネイル

アメリカ発AI利用の時給就労者管理アプリ

2019.05.10

 今年に入り、日本では人手不足による倒産が増えており、とくにサービス業で最多と報じられている。近年、飲食店では、高級店でも個人経営の小さな店でも、スタッフ募集の張り紙が目立つ。こうした状況は、アメリカでも同じで、日本より […]

【リサイズ】919d1604801bd41dec71a060cc53bed3_m

ベトナム発ブロックチェーン人材マッチング

2019.03.28

 今回、紹介するのは、フリーランスのブロックチェーン人材と企業のマッチングプラットフォームを展開しているベトナム企業である。ブロックチェーン技術を利用し、スマートコントラクトで取引のプロセスを自動化してコストを削減し、国 […]

【リサイズ】fa1f6e6b8e7da5eb17df9c9d07014828_m

東南アジアIT人材マッチング

2019.03.08

 下記で紹介するのは、東南アジア数ヵ国で、IT人材のマッチングを行っているタイ本社のGetLinksである。  東南アジアのそれぞれの国だけでは市場が小さすぎることから、ASEAN内で国境を越えたボーダーレスの人材マッチ […]

【リサイズ】b13400f1af51d02f8b0cd975e069b0ad_m

世界のIT人材事情–女性の活用

2019.02.08

 ここ数年、シリコンバレーも、女性やマイノリティを登用しない白人男性優位主義であると糾弾されているが、とくに先進国では、エンジニアを含め理数分野で女性の比率がなかなか増えない状態が続いている。それどころか、アメリカやカナ […]

【リサイズ】ccd10569fe4eb2f20fa9fd097c8d419c_m

世界的なブロックチェーン人材不足

2019.01.22

 ブロックチェーン技術が有望視されているにもかかわらず、大規模な投資や進歩が見られないのは、人材不足が大きな要因であると言われている。たとえば、IBMやマスターカードでは、ブロックチェーン技術関連特許を、それぞれ80以上 […]