コラム

在留資格「家族滞在」の申請、企業としての受け入れについて

数年前では、在留資格「家族滞在」の申請は、あくまでも外国人社員の個人的な事情であり、プライベートな内容のため、本体者が就労している企業がサポートするというよりは、個々の意向に任せていた企業が多かったように思われます。しか […]

組織人事領域におけるアナリティクスに関して

現在、世の中のビジネスリーダーは投資利益率を挙げ、企業の業務を管理するために、データ処理を中心とするアプローチを採用する動きが目立っています。 この新しいデータ・ドリブン(データ駆動型)なビジネスモデルが到来した今、生き […]

COE取得と業務スケジュール

現地採用社員等を日本に呼び寄せる際には、現地の日本大使館に直接ビザ申請を行う方法もありますが、現在では日本国内で在留資格認定証明書(COE)の交付申請を行うのが98%以上を占め一般的な方法となっています。確かに、COEを […]

アジアにおける初の人事(HR) ビッグデータ調査

今、世の中で注目を浴びているビッグデータ ~皆様にとってもご興味のある分野であると思います。 今回、HRBossでは、2013年末にアジアにおけるビックデータに関する独自調査を実施しました。メソッドはアンケート形式で、対 […]

クラウド型、人事・リクルーティング・ソフトウェア・プロバイダー

2014.07.28

EmployeeBossは既存のビジネス・HRシステムから抽出される従業員データを集約し1つのプラットフォーム上に表示し、既存のシステムとプロセスに影響を与えることなく、組み込まれたBI、分析やレポートエンジンが、多次元 […]

在留資格「技術・人文知識・国際業務」について

平成26年6月18日、「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案」が公布されました(一部を除き、平成27年4月1日施行)。これによると在留資格「人文知識・国際業務」と「技術」が一本化され、新たに「技術・人文知識・国 […]

就労資格証明書の必要性、メリットについて

現在、グローバル化が進み、優秀な外国人がより良い労働条件を求めて転職をするケースが増加しております。そこで、良く利用される制度が就労資格証明書交付申請になります。就労資格証明書交付申請は雇用企業側、そして外国人にとってど […]

外国人社員の「インバウンド研修」ついて

日本を取り巻く外交や社会的な問題を起因として、昨今では日本企業の東南アジアへの海外進出が急激に加速しています。特に成長著しいベトナム、インドネシア、マレーシアなどに進出する企業が多いのですが、そこで問題となるのが「現地採 […]

新卒採用された外国人の審査傾向

優秀な人材を確保する手段として新卒の外国人を採用する企業は年々増えております。特に日本の大学で学んだ留学経験を持つ外国人留学生に対する評判は中々良いようで「日本語のコミュニケーションができる」、「ハングリー精神というかガ […]

これからの時代の新しい組織づくりに必要な「リーダー人材の見極め」をどのようにすれば良いのか?

「管理職登用を体系的な仕組みにしたいが、どこから取り掛かれば良いか分からない。」 「中堅社員をもっとリーダー人材に育てたいが、どんなプログラムが良いか分からない。」 「既存の管理職の適性を今改めて見極めて、これからの時代 […]

外国人留学生の採用と在留手続き

外国人留学生を採用した際に行う「留学」から就労可能な在留資格への変更手続き中、不許可となる原因で最も多いのは“大学等での専攻と職務内容との不一致”です。現在では基準が緩和されており完全に合致していなくても許可される例が見 […]

インターンシップのすすめ

皆さん、こんにちは。 今後改めてこのメルマガでもご紹介していきたいと思いますが、 今年から学生の採用時期を後ろ倒しにする方針により、事実上、 採用期間が短くなるため、学生確保を目指す企業の競争が 激化することが予想されま […]